教育課程と学習内容

令和2年度入学生教育課程表

学習内容・・・進路実現に向けた確かな学力の育成

 本校では生徒一人一人の能力・適性に応じた学習指導や進路指導を通じて、各生徒がそれぞれの進路希望を実現できるよう、自ら学び、探究し、解決しようとする姿勢や能力を備えた確かな能力の育成を目指し、自己の可能性に挑む高い志を育成しています。

○自助(総合的な探究)の時間

 普通科では主体性をもって物事を探求する姿勢を作るため、2~3年次にわたって自由課題研究を行っています。3年次ではクラスの枠を越え、それぞれの興味・関心にしたがってグループを形成し、一つのテーマを深く掘り下げ、探究します。研究成果は自助発表会(校内でのポスター発表会)で発表し合っています。

○SSH科目

 本校は2018年度から文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けています。SSHに対応した多くの学校設定科目を履修し、積極的に探究活動を行うことにより、国際社会で活躍しうる科学技術人材の育成を目指しています。

■MDS基礎(MDSは美入野データサイエンスの略)

1年生全員は統計学を学び、判別のフィールドワークによって集めたデータを集計・分析して、考察結果を発表します。

 2・3年生理数科は本格的な課題研究に取り組みます。研究の成果は校内外の研究会で発表する他、英語の論文作成にも取り組み、国外への視野に入れた学習活動を行います。

○ICTの活用

 情報通信技術の活用がすすむ社会の変化に対応し、本校では授業等におけるICT機器の活用を推進しています。クロームブックやiPadが使用できる環境を整えている他、グループウエアを活用した学習活動も行っています。