教育方針

gouken

 教育基本法及び学校教育法の趣旨に則り、「知・徳・体」の調和のとれた人格の完成を目指すと共に、「剛健質朴」の校風のもと、「青雲の志」を抱き、「天佑自助」の精神で、国内外を含む将来社会の幸福と発展に寄与する有為な人材を育成する。


*今年度の重点目標

高度科学技術社会を牽引する人材育成と進路希望の達成

すべての教育活動を通じて人材育成を図り、人格の完成と自己実現を支援する

*実践指針

 すべての教育活動において「チャレンジ精神の育成」を念頭に置き、これを通して、先行き不透明な時代で課題解決に挑戦し、自己と社会の未来を切り開く人材(21世紀人材)の育成を図り、人格の完成と進路目標の達成を含めた自己実現を支援する。

 

*具体的な手立て

1 進路実現に向けた確かな学力の育成  ~青雲の志・天佑自助~

 生徒一人一人の能力・適性に応じた学習指導や進路指導を通じて、各生徒がぞれぞれの進路実現ができるよう、自ら学び、探究し、解決しようとする姿勢や能力を備えた確かな学力の育成を目指し、自己の可能性に挑む高い志を育成する。

 

2 心豊かでたくましい心身の育成    ~剛健質朴・文武両道~

 部活動や学校行事等への積極的な参加による文武両道の実現を通じて、剛健にして質素純朴な心と身体、仲間を思い支え合う心など強い精神と協調性、自主自律の精神に富む、心豊かな人間性を育む。

 

3 課題研究活動を通した主体的な態度の育成

 SSHの活動や自助(総合的な探究の時間)を活用し、課題設定から課題の探究活動によって、主体的に問題や課題を見出し、その原因や理由を探り解決あるいは克服の手段や方法を研究する姿勢を育てる。

 

4 国際交流の活性化を通して情報活用力を含めた国際性の育成

 ICTを利用した国外の高校生との交流や海外研修旅行を通して、グローバルな情報を活用して物事を考える力、文化の違いを理解し価値観の異なる他者との交流で国際社会を生きる開かれた心など、国際性の育成を図る。

 

5 人間尊重の精神及び公共の精神の涵養と規律ある生活習慣の確立

 学校生活のあらゆる場面を通して、生命や人権の大切さを教え、倫理観や規範意識を涵養し、多様な価値観を認める人間尊重の精神、社会の一員として求められる公共の精神の育成を図る。