自分の進路と人間関係を見つめ直す

10月18日(水)、本校2年生を対象とした進学講演会およびDV予防講座を実施しました。
進学講演会は、株式会社文理ラーニングより佐々木一幸先生をお迎えし、これから受験期を迎えるにあたって生徒の皆さんに心がけてほしいことをお話いただきました。センター試験の問題は、高校1~2年生で学習する範囲内から必ず出題されるので、今後はその内容がスラスラ解けるようになるまで、すなわち授業で理解した内容を「使える」レベルまでに習熟する必要があるということが強調されました。これまでの自分たちの勉強の姿勢や、「理解」のしかたが甘かったことにはっとさせられることの多い内容だったと思います。
一方、DV予防講座ではペアワークやグループでの作業を通じて、良好な人間関係を「築く」ことや互いの認識の違いについて「気付く」経験をしました。相手との関係や状況によって、相談しづらいことを抱え込んでしまう危険、また一口に「暴力」といっても様々な形があるということなど、様々な気付きにつながるお話に、考えさせられることが数多くありました。