第2回避難訓練

10月25日、LHRの時間を使って第2回避難訓練が行われました。
今回は授業時の地震から火事発生での体育館への避難でしたが、近隣住民の3名の方にも参加していただき実施しました。
避難の際、ハンカチやタオルで鼻と口を覆って避難する生徒も多く、実際同様の訓練であったと思います。

またその後、横手市役所総務部危機管理課 藤倉課長より
「 防災・減災 『高校生の君たちにお願いしたいこと』 」
と題し講演をしていただきました。

防災だけでなく、いざ災害が起きてしまったときのために「自分の周りの危険要因を取り除く」減災ということが大事なのだと教えていただきました。
無いに越したことはありませんが、もしもの時のために考えておくべきことは多いのだと思った生徒も多かったはずです。
これを機に、ご家庭での減災やハザードマップの確認、近くの避難所の確認なども考えてはどうでしょうか。