「青雲の志」講演会Plus

令和2年11月5日(木)、第2回「青雲の青雲の志」講演会Plus を実施しました。講師はIT企業 Google社の社員3名です。本校 OG の佐々木 絵理 氏 の司会のもと、リモートでの実施となりました。高校1・2年生が聴講しました。

それぞれの講師が高校時代の様子や今の仕事について紹介してくださりました。特に、講師の方々が、google社での仕事内容に関連して「高校の時に勉強して良かったこと」や「勉強しておけばよかったこと」をお話してくださりました。本校生は学校の勉強の大切さを実感していたようです。

講演後は、google社での仕事やプログラミングなどについて活発な質疑応答が行われました。

以下、生徒アンケートからの抜粋です。

「不可能と決めつけない」「失敗を恐れない」などの言葉が印象に残りました。これから受験生になるうえでとても大切なことだと思いました。また、英語は絶対に必要になってくると思うので、苦手ですが頑張っていきたいと思います。

自分の普通 (日本の普通)をあたりまえだと思って振る舞わない!
優秀さも大事だが経験も大事!
将来どんな事が「やっておけばよかったこと」になるかわからないから、色々なことにチャレンジ!
英語は勉強しておいて損は無い!

失敗を恐れずチャレンジし、失敗したとしてもそこから学んでいくというような話があったので、自分も物事に積極的に取り組んでいきたいと思った。