青雲の志講演会Plus

 年に数回各専門分野で活躍されている方々をお招きして講演会を実施しています。
 普段の授業とは違う視点で知的好奇心を刺激して視野を広げる事を目的としています。また、将来社会において自らが果たすべき役割について考える機会でもあります。


2019年度第3回(2020/02/04)

  2月4日(火)横手ふれあいセンターかまくら館において 「科学技術振興につなげる理系人材発掘シンポジウム」として実施いたしました。本校OBでもある名古屋大学 客員教授 佐藤登先生のお声がけで実現したものです。シンポジウムでは秋田県立大学経営システム工学科 准教授 嶋崎真仁先生、北海道大学大学院薬学研究院医療薬学部門 教授 井関健先生(70期)、そして佐藤登先生(68期)から話題提供講演がなされ、その後、秋田県教育庁高校教育課指導班 指導主事 伊藤 匡先生の司会の下、本校生からの質問に回答する形式でパネルディスカッションが行われました。


2019年度第2回(2019/11/14)

「金属資源講話」
独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
               辻本崇史さま、柴原理沙さま
金属資源の歴史から、世界の・日本の金属資源状況、開発や採鉱の仕方などをたくさんの資料や動画などで説明していただきました。金属資源の話ばかりではなく、進路選択のあり方や高校生にとっての学びの意義などについてもお話をいただきました。


2019年度第1回(2019/05/28)

「統計学で解き明かす科学~統計学入門~」
秋田県立大学 システム科学技術学部 経営システム工学科 木村 寛 教授
 昨年に引き続き木村先生にご講義いただいた。生徒達は「統計学」と聞くと専門的な学問の印象を持っていましたが、テストの平均点や選挙の投票率、番組視聴率など、身近な場面にも多数用いられていることを学びました。


2018年度第3回(2019/02/07)

「これまでの仕事これからの仕事 高校生が知っておくべき未来」
      ~高校生が身に付けるべき人間力とは~
ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役 森戸 裕一 様
 インターネットの発展による職場や時間の考え方の変化やまだ存在していない職業、5G(第五世代移動通信システム)によって起こる生活の変化など考えさせられることは多く、様々に生徒の思考が深められました。


2018年度第2回 (2019/11/06)

「宇宙の謎に迫る 国際リニアコライダー」
岩手大学 理工学部 成田 晋也 教授
 「身の回りのものはなんでできているのだろうか?」、「宇宙はどうやってできたのだろうか?」など、素朴な疑問から物理の世界にまつわるお話をいただきました。


2018年度第1回(2019/05/29)


「iPhone利用の高校生は何人いるか?~統計学入門~」
秋田県立大学 システム科学技術学部 経営システム工学科 木村 寛 教授
 第1学年で実施している「MDS基礎」に関する統計学をテーマとした講演で、統計学の考え方や活用方法についてわかりやすく話していただきました。